Sくん(法政大学中学高等学校合格)

卒業生インタビュー

ーお疲れさまでした いつが辛かった

S 1月かな、一番頑張った時間だったから。ずっと集中してたから。辛かった

ーあ、そう、頑張った時期がつらかったんだ

母 1月31日に帰ってきて、「お母さん首が動かない」って、焦りました
S 受験の時も痛かったです

ーでも、その時期に辛いって、やりがいもあるから、嫌 な辛いじゃないよね?嫌な辛いはいつ?

S やっぱり夏休みかなぁ?

ー辞めたくなったりはしなかった

S それはなかったです。合格したかったし。
母 学校は行きたくないって言ってたけど、塾は絶対行ってたのはなぜか、言ってたでしょ
S 学校の先生と合わなかったし。一部の友達とトラブルもあったし。塾はそう言うのが全くなかったから
母 あと、先生が違うって、愛情はすごく感じるって

ーどこに愛情感じた(笑)?聞かせて!

S えっと他の塾の話とかを聞いて、まったく違うなって思えたから

ー違うからなぁうちは(笑) 受験を考えたのはいつからですか?

母 この子のいとこが中学受験をして、よさそうだったので、もう最初からそうするって決めてました。
S  僕もいとこを見てて思いました。憧れました
母 公立に行こうっていう選択肢はこの子にもありませんでした。

ー塾選びでなにか考えた事はありましたか?

母 大手は考えてませんでした

ーそれはなぜ?

母 面倒見の・・・点ですね。集団でってのはこの子は合わないって分かってたので、きちんと対応してくれる個人経営の塾を探しました。

ーうちはもちろん厳しいとは噂はありましたよね?

母 ありましたね!(笑)この子にはそれがいいと思いましたから
S めんどくさがりだったけど、自分はここで変われたと思う

ー実際、やる気になったのはいつから?

母 (笑)母さんは言える 本当にスイッチが入ったのは、埼玉受験が終わって。点数開示を見てから。
S 僕は単純なんですが、1月の受験終わって、算数の質問で図を自分で綺麗に書いて持って行った時に長谷川先生に凄い誉めてもらって。やる気になりました。
母 あと、埼玉受験も4教科と2教科を受けて、本当は理社で稼ぐタイプだったのに。4教科は特待で2教科はA特待で受かって。その結果を誉めてもらえてやる気が出たみたいです

ーその1月入試のあとかな?図を書いて持って行ったのは

S そうだと思う。ここまで分かってるんですけど、ここからが分かりませんって持って行ったら、それまでがきちんとして書いてあったみたいで、凄く誉めてもらえました。

ーいい感じに、気持ちも上がって行ったね。それまでは本気じゃなかったってわかった

S うん。1月まで、なにをやってたんだろうって
母 受験終わって、1ヶ月過ぎて、今もうなにやってんだろうってお母さんは思ってるけど(笑)

ー怒られて、伸びなくて、それでも頑張って来れたのはなんで

S とにかく、勉強もろくにやってないやつと、一緒にされたくなかった

ー(笑) なるほど 怠けてるって怒られたけど、自分では頑張ってる気持ちだった?

S そう。1月になって本当に駄目だなって気がついた

ーほとんどそうだけどね。長谷川先生の言葉で印象に残ってるのってある

S 言葉 とかでなくて、誉められた事自体がうれしかった

ーちょくちょく誉められてたら、そんな嬉しくないよね

S 6年になると、怒られもしなくなりました。それが反対に不安になりましたけど、図を見せて変わりました。

ーおおきかったのね、その図は。1月は頑張ったもんね。その頑張りで、精神的でなく、肉体的に辛かったんだろうね。朝早かったもんね

S 朝、日が昇る前に塾に行ったりしてたから。塾にはだいたい二番目くらいに到着してたから。

ー正月特訓は?辛かった

S レース的に競わされた時は、あせってケアレスミスが多かったりして。5年も入って、やばい!って焦りました。

ー1月受験はどうだった?緊張した?

S 緊張しました。問題の形式もちょっと変わって、点も取れなかったから。手も震えました。すこし止まって深呼吸しました。
法政はどうだった?
S 算数が難しかった。1回目は出来たって思ったんですけど。あとでバカーンって殴られました。(落ちる)
母 けど、長谷川先生に声かけてもらえたんでしょ?
S うん (沈黙)
母 お前ならできるって言われたんでしょ
S ああ、うん
母 忘れたの?忘れないでよ!

ー穎明館中学は過去問をほぼしないで、トライする事になったんでしょ、長谷川先生の提案で、緊張しなかった

S 過去問 1回でした。比較的問題は分かりにくかったので、落ちたと思いました。
母 過去問も4教科受けてないよね。私もとても不安で、長谷川先生からは絶対に法政に受からせてやるからって言われたんですけど、穎明館の受験会場から、多分落ちると思います、なぐさめてやって下さいって長谷川先生に電話しました(笑)

ー不安ですよね、親としては。けど不安な穎明館中学での合格は

S 合格は奇跡だって思いました。自信満々の国語でヤバいと思ったんで。

ーそして法政からも合格の連絡が届く、どうだった

S そのころ学校では、法政の事で頭いっぱいでした。なにも頭に入ってこなかった。
母 合格は嬉しかったけど、不安もありますね、親としては。付いて行けるかどうか(笑)
S こっちが喜んでるのに、消極的な言葉をいっぱいぶっかけられました。本当に喜んでくれてるの?って

ー大丈夫です、長谷川塾を乗り越えた生徒は勉強する習慣が着いてるので、大丈夫です

母 まだ学校で緊張して、誰にも話しかけられてないらしいんですけど、長谷川塾の卒業生に優しく声をかけてもらったようで、そういった縦の繋がりもいいなって思います

ーそうですね、ありがとうございます。あと、同級生の長谷川塾出身者と同じクラスだろ?よかったじゃん

母 いいのか、悪いのか、彼女経由で長谷川先生に伝えられるからね(笑)
S そうならないように頑張ります

ーこうしたら良かったってある?

S 5年でも4年でも気がついたときから、頑張ればいいと思います

ー君はいつからがんばった?

S 6年の1月です

ーそれは遅いよね?

S もの凄く遅いです(笑) そうならないように頑張ってほしいです。

ーお母様から、終わって、思う事ありますか?

母 私の後悔は子供がやる気になってないのに、私が突っ走り過ぎでした。かえってマイナスかなって。この塾に入るなら、ごちゃごちゃ言わずに任せるのがいいかなって思ってます。4年の時とか正面に座って勉強させてましたし。この子にはそれが必要だったかもって思いますが、いらなかったのかも。彼の自立心とかが育たなかったのかもしれません。完璧を求めすぎたんでしょうね。

ー長谷川塾は、親は関わらないでって言うじゃないですか?けど関わってしまった?

母 完全に離したのは6年ですね。1月は見てもなくて。私に取っては6年の1月が一番楽でした。それまではやらなければいけない事が終わってないので、尻たたき役をやってたので、大変でしたが1月からそれが全くなくなりましたから。他の塾だったら、1月が一番大変なんでしょうね?  朝送り出して、夜帰って来たら、ご飯、風呂、寝るだけでしたから

ー多塾では1月が大変、きっとそうだと思います(笑)

母 マル付けも、我が子の苦手ノートも親が作るとか聞きましたから。呼ばれて、勉強の教え方を伝授されてるって聞いて。ここはなんていい塾なんだろうって(笑)
そう言う意味では自立心を養えるのを、私が損ねてしまったかなって、思います

ー今日はお時間頂きまして、本当にありがとうございました。Sはまた、英語を習いに来てるんだから、頑張ってね

S はい(笑)