Hさん(鴎友学園女子中学高等学校合格)

卒業生インタビュー

ーお姉ちゃんが受験したんですよね?

母 はい、上は帰国子女枠だったんですね、最初に行った学校を気に入ってそのまますんなりでした。なので学校選びから塾選びから、この子が最初みたいなものです

ー最初は他の塾でしたよね?どうだった?

H 楽しかったけど、好きだった先生が急に移動になったんです。新しく来た先生はうるさい男の子の注意もしなくて。全然わからなくなって、嫌になりました。
母 来た先生が大学生の女の先生でね、教え方とかも不満を言うようになりましたね

ーそれ三年生だよね

H はい、そうですね。
母 最初の先生とは信頼関係を築きつつあったので、簡単に移動になって、驚きましたね。あと、授業担当と、面談担当の先生が違ったんですよね。それがちょっと信じられなかったですね。

ーそれは嫌ですね、そして新しい塾を探した?

母 長谷川塾のうわさを聞いていて、HPでこの塾の理念なんかを読ませてもらって、私の求めてるのはここかもしれない、って思いました。

ー怖い、厳しいという、噂は?

母 それは本当に聞きませんでした(笑)で、HPの卒業生に送るビデオをこの子に見せました
H 覚えてる。熱いなぁと思った。(笑)

ー (笑)熱いよね

母 でもここに行ってみたいってこの子が言いだしたんですね。すぐに体験に来ました。
H 体験の算数の授業が、分かりやすくて、頭に入って。帰って、宿題をしたらどんどん解けて。びっくりした。
母 最初、国語の授業だったんです。衝撃的でした(笑) 凄い楽しくて、今でも覚えてます。いろんな話をして、子供達も先生に引きつけられてるのがわかりました。ただ面白いだけの授業ではなかったので、ちょっと他とは違ってましたね。

ー誉められて嬉しいわ(笑)

母 次の算数もびっくりしましたね。教え方とか。国語の授業とは全く違ってました。次の日に問題を解かせてみたんです。そうしたらすらすら解けてて。驚きました、宿題が早く済むようになって。自習も来れるし、質問も出来るし。本当に転塾して親子の諍いがなくなりましたね。

ーしかし、受験生は大変ですよね?どうだった

H 6年になったら、急に怖くなった。(笑)

ーだよね、志望校はいつくらいに決めた?

H 女子校が希望だったんだけど、自由で楽しめる女子校って鴎友しかないなと思って。6年の最初くらいに、行きたいと思いました。

ー本気になったのは?

H 1月の最後のほう(笑)

ー1月は結構みんな、学校くる前に来てたから、どうだった?

H みんな朝5時からやってて。焦った。私も行かなきゃいけないかなとかちょっと思った。
母 1回、課題が終わらなくて、パニックになったときがあって、無理やり午前1時くらいに寝かせて、2時前にメールしたんです。そしたら、その時間にすぐ返信がきて(笑)なんじゃ〜これって(笑)。この時間に来るんだって。そこに、今不安になることはないから、大丈夫と伝えてくれっていうのと、びっくりしたのは、目覚ましを止めてくれって書いてあったんですね。明日はクリアな頭でもっとやらせてあげたいことがあるからって。いまするべきことをキチンと言って下さったので。驚いたし、安心しました。

ーその頃から志望校の過去問中心になるじゃない、どれはどうだった?

H 過去問やるのは楽しかった。鴎友の問題大好きだった。

ー他の塾とかしないでしょ?そんな風に

H 他は10校とか強制的にやらさられるらしいけど、行くつもりのない学校もしなければいけないので、つまんないって言ってましたね。

ー意味ないよね(笑) あと、過去問を採点してもらってる時が緊張するって子が多かったけど

H あ〜それは(笑)つまんないミスしていたら「あ〜〜〜おい〜〜」とか先生の声が聞こえるから、いやだった(笑)。

ーごめんね(笑)こっちも必死だから

母 けど、1月の受験はこの子ひとりだけ落ちて、私は正直、まさかと思って。焦りました。
H わたしはダメージなかった(笑)

ーそうなんだ なんでだろ?

H 行く気なかったし。終わった後、落ちたなって思っちゃったし。
母 その後も過去問でも点数が出なくて、私が焦りました。
H そんなに私は焦らなかったです(笑)、長谷川先生から、もう少し焦ろって怒られました(笑)

ーその後もまた2月受験、落ちたよね。

母 そこは算数のテスト時間を10分間違ったらしく、それがショックだったみたいですね。そのミスの後悔は引きずってましたね。
H そう、やっちゃった、って感じで。
母 でも今考えると、あの事でぐっと集中力が増した気がします、その次の試験は夫が連れて行ったんだけど、見た事ないくらい集中してたって
H そんな事ないけどなぁ(笑)
母 けど、鴎友も 終わった後、どうだった?って聞いちゃあいけないって長谷川先生に言われていたので。聞きたいけど、聞けない(笑)
H でも次は大丈夫かなぁとか思ってた

ー結構メンタル強いね

H なんかずっと受験をしてるって実感はなかったです、合不合のテスト受けてる感じでした。
母 やることやったって思ってるんでしょうね。

ーずっと勉強してましたものね。合格は嬉しかったよね?

H 吉祥のテスト終わって、出て来た時。お父さんとお母さんがいて、にやにやしてたので、あ、受かったなと思った。

ーそりゃ嬉しいよ、お父さんお母さんは。長谷川からの合格おめでとう電話を受けられました?

母 私が受けました。びっくりしました。こんなに喜んで下さるんだって感激しました。こんなに思ってて下さったんだって。

ー受験生に伝えたい事はある?

H 終わったら結構楽しいから、今頑張れ!(笑) あと先生の言う事しっかり聞いてやってれば大丈夫。
た お母様から受験生の親御さんに伝えたい事は?
母 私が気にかけていた事は、まず子供をきちんとみて、気持ちを聞く事にしていました。長谷川先生が先に気づく事もありましたね。最近この子が覇気がないので、何かあると思う、ちょっと注意して見てやって下さいって。そんなときは会話をしたら見えてきました。私が出来ない事は先生がきちんと対処して下さいました。なので。何度も助けられました。

ー我々もその時期になると、毎日見てますからね。

母 そうですよね。そうやって注意して気持ちを聞いてあげると、子供も安心して、取り組めたみたいです。反抗なんかもほぼなく。我慢はしてたんでしょうけどね。

ーあと、スケジュール表の記入とか、大変ではなかったですか?

母 いいえ、あれがあることがよかったです。毎晩スケジュール表の反省をお互いでやりました。やれなかった事、明日やるべき事が分かってきましたね。
それも、もちろん自分で考え、自分で答えを出すので、次の日の行動には責任も伴いますからね。よかったです。

ー6年の最初、我々は彼女のメンタル面の弱さを気にしてましたが
母 そうなんです、6年の最初の面談で言われました。メンタル面の弱さがいまから6年生全体で一番心配だって。これからどんどん叱っていきます、って言われました。上手くいったときは誉めてもくれたので、バランスは絶妙でしたね。怒られても意味のあることだったし。強くなったね。本人なりに昇華してくれて成長してるのを見れました。
H 怒られるのは怖かったです。けど、いつか終わるだろうって思ってました

ー強くなったね(笑)

母 世間では一般的に子供のメンタルは親が鍛えろなんですよね。有名なカウンセラーかなにかの本でもあったんですけど、とにかく誉めて自信をもたせろみたいな。けど無理なこともありますよね?どうすればいいのって。結果、今この子が本当に強くなれたのは、先生達のお力添えがあったからですよね。

ーありがとうございます。

母 受験生の親はとにかく不安なんです。だけど、ここに来て、たった一回でこの子のことを見抜いてくれて。鴎友くらいは必ず合格させますって言ってくれたんです。その自信は本当に凄いなって思いました。だってそれって、自分の首をしめることになるわけじゃないですか?これだけの自信は本当にプロだなって思いました。一本筋が通った理念があって、この先生にかけてみよう、付いて行ってみようって思えました。もちろん時には不安になりましたが、信じて付いて行けば大丈夫でした。

ー素晴らしいお言葉、ありがとうございます

母 信頼出来る、頼れる先生がいる塾を選ぶ それがあるかないかで大きく違いますね。子供のメンタルもですが、親のメンタルもしっかりしてないと、子供はもっと不安になりますからね

ー信頼出来る先生に出会っても大手の塾は簡単に移動がありますからね(笑)

母 そうですね(笑)

ーよく辛い受験を乗り越えたね、お疲れさま

H 受験終わったら、これしようとか、こんなとこ行こうとか、お姉ちゃんと話したりしてて、それは結構励みになったかな

ーそうか、じゃあそれを今から実行して!本日はありがとうございました。