長谷川塾の合格実績もすごく、合不合判定テストの偏差値と進学中学校の偏差値の差もすごいのもありますが、長谷川塾の教育方針に期待して転塾を決めました。 受験へ向けて本気になるのが遅く、絶対落ちると思ってましたが合格が分かって驚きました。

周りのみんなが偏差値の
高い学校を目指してて、驚きました。

種浦

転塾組ですよね、変えるきっかけはなんでしたか?

私の独断なんです。前の塾ではテキストをたくさん買わされるけど、使っていないのも多くて。もの凄い宿題はたくさん出されるんです。毎日夜の11時12時までやってふらふらになってました。なのに5年生の夏休みには、夏休み用のテキストが薄くて、それさえやればいいってことで、全然遊んじゃって不安になってました。

種浦

宿題は親がマル付けですか?

マル付けは自分なのですが、そのやった宿題を出さない事が多いので、先生に言いに行ったら「宿題はやる事が大事で、出す事は二の次です」と言われて、ええ!?と思って辞めました。

種浦

H君は出すのは二の次って言われてどう思った?

Hくん

出さなくていいやって思いました。適当でいいやって。あと、休んでも補習はないんですが、人数が多い学校は補習もあって。僕たちは少なかったから、休んでも何もなかったんです。

入る時は親は手を出さないで下さいって言われて入ったんですが、6年生になったら親が見てくださいって言いだして。休んだ時も親が見て、やらせて下さいとか。

種浦

塾を変えるのは嫌じゃなかった?

Hくん

友達と会えなくなるのは嫌だったけど、もういいかなって。

人数が多かったので、目が届かないというか、さぼってる子もたくさんいたし。

種浦

長谷川塾の情報はどうやって?

兄の受験の時から長谷川塾の事は知っていたんです。その時に見た進学実績がみなさんすごい学校に合格していて、あと合不合判定テストの偏差値と進学中学校の偏差値の差がすごくて。なんだここ?ってちょっと怖いな位に思ったんです。
けど、変えようと思った一番の原因は家で教える時のバトルです。父にも反抗的な態度をとって暴言吐いたりしてたし。もう駄目!と思って。
「親関与しない」「厳しい」「スパルタ」とかのワードで調べて、やっぱり長谷川塾が出て来て。
ただ遠いので通えないかなと思ってたんです。けど、調べたらバスなら30分ほどで来れるとわかって。だから強制的に長谷川塾にする。ここが駄目なら受験辞めなさいと言いました。
学力もですが、人格を変えてくれることを期待しました。そちらメインでした(笑)

種浦

最初に来てどうだった?

Hくん

みんな親切だし、教え方も分かりやすくていいなと思いました。

種浦

一番驚いた事は?

Hくん

前の塾は先生が皆スーツだったんですが、この塾みんな私服だったんで(笑)
こんな塾でいいのかなとは思いました(笑)

種浦

そうか(笑)

Hくん

周りのみんなが偏差値の高い学校を目指してて、驚きました。

私はその時1人の男の子が、「プリントコピーするけどいる人?」って聞いてて、人数分コピーして渡していて、凄いな、意識高いなと思いました。

Hくん

前の塾はみんな授業前、話したり遊んだりしてるだけだったからびっくりした。あと、生徒が勝手にコピーしていいのも驚きました。

休んでも、ビデオ撮ってくれるのがありがたかったです。どんなに体調管理しても休む時はありますしね。

Hくん

前の塾は自習が出来ませんでした。中学高校は出来るけど。小学生は場所もなくて。先生に質問もほとんど出来ませんでした。するのは先生を呼び出して、出来たとしても1、2問でした。

前の塾は生徒はお客様なんですよね。成績良くないのに褒められるし、サラリーマンですもんね。
志望校も駄目って言われない。入れるよって言われるけど、分かってますよ、入れないよ!って(笑)

種浦

いつから勉強辛くなった?

Hくん

6年生の夏期講習中忘れ物して。確認テストで9割取らなかったら授業禁止とか言われて、辛かったです。

種浦

あと冬も叱られてなかった?

Hくん

明治大学附属中野中学校(以下 明中)の過去問やって合格点出たんです。そしたらもういいやって思ちゃって。合格するって思ったら。やる気がなくなって。

種浦

叱られた?

Hくん

だらだらしてるって怒られて、最初は分かってなかったけど。その後、また過去問やったら全然点取れなくなっちゃって。

それ私が長谷川先生に逐一報告して(笑)1月の西武学園文理中学校のテスト後にもう本当にふわふわしちゃって。
長谷川先生と相談して、この後は明中以外は受けさせないっていう作戦で気を引き締めました。

種浦

本気になったのはいつ頃?

Hくん

1月29日です。

種浦

あと、本番だけだ!(笑)
心に残った言葉とかある?

Hくん

やる気ないなら帰れ!って(笑)

種浦

やる気なかったの?

Hくん

はい。結構(笑)

1時間説教されても効いてなくて。電話して話したんです。そしたらそんな奴見た事ないお手上げだ、長谷川塾始まって以来の初めてのタイプだ、って(笑)

種浦

説教は嫌じゃなかったの?

Hくん

嫌だったけど、終わったら、大丈夫かなぁ、って。

種浦

メンタル強いのかな?

バカなんじゃないですか?(笑)両親に似てません(笑)

種浦

受験は緊張した?

Hくん

法政大学中学校の2月1日、あと2日目も緊張しました。手応えなかったし。

種浦

家ではどうでした?

余裕だったんです。激励会で終わった感じがあって。自分の子ですが、分からなくなりました(笑)すぐ長谷川先生に連絡しました。

Hくん

1日2日に落ちたのでそこからはちょっと本気になりました。受験期間中は塾に居る事で安心できました。それと長谷川先生に手紙もらったんです、2日目の後に。
「己の力を信じろ」「緊張するな」とか書いてあって嬉しかったです。その後は全く緊張しませんでした。

明中は倍率も凄かったので、発表は見に行けませんでした。
もう他の学校に入るつもりで銀行まで行って、明中は絶対落ちると思って資料も全部シュレッダーかけました(笑)合格が分かって驚きました。

種浦

6年生になってから、気にしてた事ってありますか?

保護者会で長谷川先生の熱い言葉を一言も逃さないと思って聞いてそれを子供に伝えて。私は言われた通り素直にやってました。
あと疑問に思った事はすぐメールしてました。10月くらいに他の塾は過去問やらせて親が採点するんです。私もやらせたくて焦ったんですが、まだだと言われてたので相談しました。そうすれば考えが聞けて、誤解もなく安心して過ごせました。

Hくん

自分の受けもしない学校受けてもしょうがないもんね。

過去問やりたがり病があるって先生の言葉が後でよく分かりました。

Hくん

それと明中で受験したとき、受験科目の順番違ったので、それが焦りました。
塾では国語、算数、社会、理科の順だったのが、本番は国語、社会、理科、算数だったんです。ちょっと嫌でしたね。最後算数は力出した後なので。それに最後の方に簡単な問題とか出てて、怖かったです。

種浦

振り返って思う事ある?

Hくん

もっと早く本気になれば!(笑)

種浦

1月29日、遅すぎるわ!(笑)

過去問で、皆さん悩むと思うんですね、他の塾は親が採点で、採点基準も分からないし。ここは12月の末からなので、大丈夫?って思いましたが、大丈夫でした。 先生方は逆算して、その子にあったのをやらせてくれるので。生徒は20人いたのに本当に大丈夫でした。

Hくん

厳しいけど為になる。いい塾です。

あと、保護者会で先生が「毎年学力に関係なく、合格させたい生徒がいる。それはやる気のある子だ」って言われた時に、おおって思って嬉しかったです。 成績の上だけ見てるんじゃないなって。本当は最初に見た卒業生の言葉で「叱っていただいてありがとう」ってあって、ちょっと怖かったんです。なんで?なんなの?何やってるの?って。けど終わってみて分かりました。こういう事かって。

種浦

そうですよね?変な宗教かと思いますよね、洗脳されてるって思いますね。

そうですね(笑)けど終わって分かりました。

種浦

約束守る、嘘付かない。この二つなんですけどね。

Hくん

前の塾の怖い先生は嫌いだったけど。ここは大丈夫だった。

前の塾では親と子が先生の評価もするんですよね。
そうなると、嫌な事とかは言わなくなりますよねきっと。

種浦

そうなんですよね。

小さい事でもメールで連絡取れる、大手ではあり得ない。誤解が大きくなる前に連絡して下さいって思います。夜中でも返信くれる時ありますからね。
先生を信じて下さいって思います。

種浦

ありがとうございます、嬉しいお言葉です。合格おめでとう!

TEL042-442-4780
資料請求
無料体験授業