指導内容

指導方針

第一志望校に合格するだけで満足してはいけない。
子供が学習面・精神面共に自立するまで成長して当たり前、今の子に足りない「折れない心」を教えたい。真っ直ぐで気持ちの強い子を育てたい。勉強が全てではない。

指導について

勉強は全て長谷川塾で行います。保護者様は、お子様の健康管理と励ましをお願いします。

大手の塾に通塾されているご家庭の多くは、「わからないところを親が教える」が一般的ですが、長谷川塾ではわからない問題は、塾で教えます。 何回でも何時になっても教えます。
そして、宿題のチェックも塾で行います。もちろんマル付けも塾で行います
宿題に出した内容が理解できているか、一人一人に口頭試問してチェックします。
親が我が子に勉強を教えてあげるというのは大変難しいことです。勉強は全て塾で行いますので、親が受験勉強を教えることで生じる親子喧嘩はゼロです
親は子どもの生活管理をする・褒める、勉強はすべて長谷川塾におまかせください。

学年毎の特徴

低学年クラス

勉強は本来楽しいものです!
「分かる」って本当はとても楽しい!分かるための勉強や宿題は、どうしてつまらなくなるんだろうか?
学びの原体験として「楽しい」を身につけるのに、低学年は最高の時です。
苦しい受験時期を迎えた時、低学年での「楽しい」の経験の有無が差を生みます。「楽しい」の経験は最良の支えになります。
勉強を楽しくするのも、つまらなくするのも、大人の導きかた次第 。長谷川塾では子どもと真剣に向き合い、学ぶ楽しさを伝えます

4年生

受験勉強のスタート
受験に必要な勉強が本格的に始まります。
社会は地理、理科は天体、豆電球と乾電池などについて勉強していきます。
国語は「漢字と知識」、算数は「計算」をできるだけ毎日やることで基本的な力を身につけていきます。また、これにより勉強すること自体を習慣化させていきます。
宿題はまだ多くありませんが、もし多いと感じるときは、ボリュームを調整します。

5年生

重要単元の勉強
5年生は、中間学年と思われがちですが、重要単元ばかりです。5年生で学ぶ内容の応用が入試問題です。
社会は歴史、理科はてこ、輪じく、かっ車といった難しい単元が続きます。
ここで「分からない」「覚えていない」とならないように積み重ねていきます。
また、5年生から「作文指導」を始めます。作文は練習しなければ書けるようになりません。近年急増している「論理的に考え、答えを組み立てる問題」の練習にもなります。

6年生

いよいよ受験生
6年生は単に最終学年ではありません。6年生は受験生です。
積み重ねてきた学習からいよいよ入試問題が解けるように指導していきます。
学習した内容を復習・強化していきます。
また、長谷川塾では、過去問指導は塾で行います
それぞれの生徒の志望校にあわせて過去問対策いたします

長谷川塾では、4年生から「特進」と「標準」のクラス分け制度を採用しています。理科や社会の基本授業などは学年全員でおこなう場合もありますが、全ての授業が「全員一緒」ではありません。
生徒のレベルに合わせた授業を受けることができます。

使用教材・テスト

使用教材
  • 新演習
  • 四科のまとめ
  • メモリーチェック
  • 塾制作の独自教材…等
テスト
  • アタックテスト
  • 合不合判定テスト
  • 確認テスト…等

時間割

2年生17:00-19:00
3年生17:00-19:00
4年生17:00-20:2017:00-20:20
5年生17:00-21:00 17:00-21:00 17:00-21:00
6年生17:00-21:00 17:00-21:00 13:00-21:00
英語ご相談ご相談

理科実験教室

季節講習期間中(春期・夏期)に単科科目として、理科実験教室を行っています。(要申込)

例えば、「水溶液」。
中学入試の理科では、水溶液の性質について多く出題されますが、丸暗記では身につかず、子どもたちからも難しいという声を聞きます。
長谷川塾の理科実験教室では、試験管に入った11種類の水溶液がそれぞれ何か?をグループ毎に協力して突き止めていきます。
臭いを嗅ぐ、リトマス試験紙を使う、溶液を混ぜる・・・、などの方法を駆使して調べていきます。
実体験は記憶に大きく影響し、テキストのみで学ぶ場合に比べて定着度と理解率が格段に上がります。
本質を体験し理解することにより、実際の入試問題を解く際に正解へと導く力が身につきます

近年欧米では盛んに「STEM教育」について取り上げられるようになりました。
STEM教育とは、Science(科学)Technology(技術)Engineering(工学)Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字をとったものです。
特に体験の中から原理をつかませるという教育法、まさに実験を行う教育が注目されています。

中学入試英語(英検対策)

近年、受験科目に『英語』を導入する学校が増えてきました。2019年は125校で実施されました。英語入試を導入した学校は、2014年からの6年間で8倍以上と急速な増加傾向がみられます。
今後もまだまだこの傾向は続くことが予測されており、英語力が評価される中学入試への対策が必要になっています。
長谷川塾では、今まで在校生・卒業生の希望者を対象に英検対策(2級まで)を個別に行い、全員合格してきました。
中学受験の英語対策も指導いたします
是非、ご相談ください。

作文指導

長谷川塾では、5年生より作文指導を取り入れています。
子どもたちの普段の会話は主語がなく、なんでも「キモイ」「ウザイ」「カワイイー」…などで済ませてしまいます。そんな子供達にとって、記述式の問題はとても難しい。
5年生から作文指導を取り入れ自分の伝えたいことを「正しい日本語で書く」訓練を徹底的に行います 。

季節講習

長谷川塾では、春期講習、夏期講習、冬期講習を行っています。(要申込)
体験授業として、無料で受講可能な講座もあります。
内容は、本科(算数、国語、理科、社会)のほかに、単科として様々な講座を行います。

  • 理科実験
  • 算数復習
  • 図形特訓
  • 入試問題に挑戦しよう

各講座の詳細は、募集開始時期にホームの「INFORMATION」にご案内が掲載されますので、そちらをご覧ください。