中学受験でもっとも難しいのはお子さまのハンドリング。さらに、お子さまが一人で勉強するように仕上げていくのは至難の業。
それでも、自分の人生。自分の受験。自分の力で乗り越えてほしい。その理想を具現化するためにも、限界まで保護者の皆様へのサポートを徹底したい。
長谷川塾では、そう考えています。

01
QUESTION

定期的な電話相談

受験のことでチョットした親子喧嘩があった時、塾に連絡しますか?ほとんどの方は連絡しないかと思います。長谷川塾では、定期的に塾からご家庭へお電話しています。「ご家庭での様子はいかがですか?」と尋ねると「実は昨日口喧嘩をして…」や「学校で…」など、何かしらお話しされる方がほとんどです。「あ~、だから今日はいつもより元気がないんですね。」や「早めにお話し聞けて良かったです!塾でフォローしておきますね。」となります。この早期発見と早期フォローは、お子さまが勉強へ取り組む姿勢に大きく影響します。

02
SUPPORT

保護者会の開催

長谷川塾では年に4回保護者会がございます(現在は新型コロナウィルスの影響で動画配信に切り替えています)内容は「志望校の選び方」「志望校の日程の組み方」「お子さまへの接し方」「その時期に応じた家庭学習のコツ」「出願の方法」「お子さまの学力の上げ方」「長期休暇中の過ごし方」「受験までの展望」など、その時期に応じたテーマで塾として保護者の皆様にお伝えしたいことをお話しています。このポイントさえ押さえておけば、中学受験は大丈夫と、安心していただける内容となっています。

03
SELF-STUDY SPACE

入退室管理システムで安心

長谷川塾では、入退室管理システム「Kazasu(カザス)」を導入しています。生徒が携帯するカードを画面にかざすことで、入退室時の時刻と写真を保護者宛にメールを配信します。ご両親がお仕事中でも安心ですし、お子さまの寄り道を防いだり、待ち合わせ時間のムダをなくしたりできます。もちろん、塾の電話も自由に使えますので、お子さまと連絡がつかなくなるという心配はありません。

MESSAGE
実は、受験を断念してしまうほとんどのケースが、親子喧嘩のストレスが原因なのです。お子さまが親に依存してしまうと「どうせ家で教えてもらえるからいいや」と授業中の集中力が落ち、親が教えようとすると、何も理解できていないと、けんかになる。という悪循環を繰り返します。そこで、お子さまが自立するためには、まず「親は助けてくれない」とお子さまに認識する必要があり、親は「安心して手を放して大丈夫なんだ」と思えるまでサポートしてあげる必要があるのです。
MESSAGE
04
SUPPORT

欠席確認のご連絡

事前に遅刻や欠席のご連絡がなく、授業開始時に生徒の姿が見えない場合、保護者の方に確認のお電話をいたします。単純に体調不良の場合もありますが、寄り道をしていたり、親子喧嘩をしていたり、学校でトラブルがあったりすることもあります。ほとんどの場合、すぐに本人と講師が話すことで解決できることが多いので、ご安心ください。

05
SELF-STUDY SPACE

塾に関するお悩み相談

こんなことはありませんか?

  • 塾の宿題が終わらない
  • 最近子どもの様子が変
  • 漠然と不安になる…etc

そんな時は、すぐにご相談ください。お子さまにアプローチが必要な時は、塾で対応して後日ご連絡いたします。
なんとなく違うと感じるお子さまの変化に気が付くことができるのは、保護者だからこそ。どんなささいなことでもご連絡ください。

学習方法

きちんと「理解する」ことを徹底し、最初から最後まで同じ講師が一人ひとりを指導。担当者が科目ごとに変わることなく、的確に志望校合格へ向けてしっかりと導きます。

生徒へのサポート環境

質問受けはいつでも、わかるまで、何度でも。欠席時のサポートはもちろん、授業のない日も自習室で勉強ができます。学校での不満や悩み相談なども聞いています。

保護者へのサポート環境

定期的に塾から保護者様へお電話し、ご家庭でのお子さまの様子をうかがっています。塾や学校でのさまざまなお悩みも、いつでもご相談ください。

TEL042-442-4780
資料請求
無料体験授業