Yくん(明治大学付属明治中学校合格)

卒業生インタビュー

ー長谷川塾に最初に来たのはいつだった

Y)4年の2月 5年になるときです

ー受験しようかなと思ったのは?

Y)3年生くらいです。父親から勧められました

ーそのときはどう思ったの?

Y)もちろん大学受験って大変だと言うのは分かっていたので、受験を一回で終わらせたいとは思いました。
母)父親から受験の大変さを聞かされて、だったら1回でと思ったんでしょうね。本人が受験する回数を少なく、ライバルなんかも少ないうちに、ってはっきり言っていたので、それだったらと私も思いました。

ーそれで、塾はたくさん見ましたか?

母)まず、本人から大手は嫌だとはっきり言ってきました

ーどうして?

Y)全国統一テストで、大手の塾で何回か受けたんですけど、雰囲気に付いていけないというか、なんか嫌な感じでした。輪に入れないというか。
母)それで、少人数の塾を主人が探して、通い始めたのですが、その塾が1年もせずに潰れてしまいました(笑)最後は生徒二人で、やっていけないという話をされて(笑)
いたしかたなく、他の塾を探しました

ー大変でしたね(笑)、長谷川塾の雰囲気は大丈夫だった

Y)大丈夫でした。厳しいとか全然聞いてませんでした
母)私としては、聞いていたその厳しさがこの子には合ってると思いました

ーどういったところが?

母)少々言われても動じないし、言いたい事、言える子だったので、少々厳しい男の先生に教えてもらう方がいいと私は思いました

ー入ってからはどうでした?

母)もちろん最初は怒られるのが嫌だから、宿題とかをやるって感じでしたが、月日がたつにつれ、授業がおもしろい、分かりやすいとどんどん、変わって行きましたね。歴史とかも本に書いてあることだけでなくて、色んな話を聞くのがおもしろかったり。あと理科の実験なんかはとてもおもしろいので、分かるようになったと、言ってましたね。

ー積極的に勉強をしようと思ったのはいつ?

Y)夏休みかなぁ

ー本当にやる気になったって、自分で思ったのはいつ?

Y)12月ですかね。

ーそれくらいだよね。辛かったことはある?

Y)みんなが怒られているのを見るのが辛かったです

ー(笑)そっちか、自分じゃなくて

Y)僕はあまり怒られたりしなかったので、

ーだろ?厳しいって言っても、やることやってたら、怒られないんだよ(笑)じゃあ、楽しかったことはある?

Y)塾のみんなととても仲良くなったから、帰りに話しながら帰るのとか、とても楽しかったかな。

ー正月特訓で、一つ下の希望する5年生を授業に入れたじゃない?下級生に入られるの嫌じゃなかった?負けるの嫌だとかなかった?

Y)嫌じゃなかったけど、負けるのは嫌だなとは少し思いました。

ー初受験体験はどうだった?

Y)簡単でした、緊張しませんでした

ー凄いなお前(笑)じゃ、初の不合格の体験は

Y)ああ、ショックはショックでしたけど、そんなの気にしてらんないなと、後には引きづりませんでした。

ー落ちた息子を見てるのは辛いですよね?

母)そうですね、私は正直辛かったです。過去問の結果からも大丈夫かと思っていた学校だったので、どうするんだろうと。2月からの受験をどうしたらいいのかで頭いっぱいでした。ちょっとすでに守りに入ってました。

ーけど、Yは大丈夫だったんですね

母)引きづらなかったのか。1月までは、ちょっと気になることもありましたが、1月になると、本気になってると言うか、とにかく塾に行っていたいと、塾にいるときは充実してると見てて感じてました。受験までに時間が足りないので、とにかく塾に行きたいと。塾に居たいと、だから学校を休むと言う判断も主人が早いうちに下してましたね。

ー受験に向けて最後は何処を集中的にやった?

Y)国語ですね。知識の覚え直しと、説明文の記述とかが苦手だったので、そこを重点的に勉強しました

ーそれは自分の判断、先生に言われた?

Y)自分でもそう思ってたし、先生にも言われました。算数はこれ以上伸びないだろうから、国語をやろうと。

ーやってみてどうだった?

Y)国語の長文読解すごく出来るようになった実感はありました。自然と分かるようになりました、読んでても途中で分かる事もありました

ーそして第一志望の明明に落ちた、どう思った?

Y)終わった時に自信なかったので、落ちたとは思いました、けど落ち込んでてもしょうがないなと。

ーそして、もう一回明明を受ける決断をするんだけど、落ちたら、って考えなかった?

Y)受かる自信もなかったです、過去問でも合格したことなかったし。けど行きたいって思いました

ーそこまで思えたんだね。お母さんは不安でしたよね

母)やめてって思いましたね(笑)家族で話してる段階では立教をうける、そこは受かるだろうと長谷川先生からも言われてましたからね。それが明治うけると言われて。え?って

ー止めようと思いました?

母)本人の気持ちもあるからいいけど、突っ走ってないかなと思いましたね。安全と言われてる学校があるんだし。立教も好きだって言ってましたからね。
けど、耳に入ってませんでしたね。どうしたらいいのか。迷ってやっぱり駆け込みました、(笑)長谷川先生のところに。大丈夫でしょうか?と

ーそうでしたね(笑)

母)こんなに主張をだしてきたYを見たのは、先生自身も始めてだったみたいで。先生はこの気持ちを買ってあげたいと言ってました

ーそう言われてもね(笑)落ちる事を考えますよね母親としては?

母)そうですね(笑)怖かったですね。立教に通う姿を想像してましたから。

ーさて二回目、終わった時自信あったの?

Y)いいえ、一回目よりありませんでした。落ちると思いました

ーそうなんだ、落ち込まなかった?

Y)もうしょうがないなと。

ー強いね(笑)だけど、見事合格。合格聞いた時、涙は出ないもの?

Y)出ました、合格聞いた時は
母)家族中泣きましたね。実は合格の電話をYがくれた時、主人と満員の電車に乗ってたんです。「うかった〜」って言われて、鳥肌たったんですが、泣く訳にも行かず、主人も離れたところにいたので、共有することもできず(笑)大変でした。この歳になってそんな感情を揺さぶられるなんて、本当に久しぶりのいい経験でした。

ーこれから受験を迎える親御さんに伝えたい事はありますか?

母)子供がここに行きたいって思える学校を持つ事で、本当に力が発揮できるんだなと思いましたね。本命ではない学校に落ちた時もわりと冷静に本命に向かってくれたので。行きたいと思える学校を見つけることで、本人が後悔のない受験が出来るのかなと。あとはやはり受験は親子二人三脚でするものだなと。本人ひとりが頑張ってもどうなるものでなく、私は勉強を教える事はできないので、私のやれる事をサポートしたつもりなんですけどね。

ーYはここをこうした方が、いいなと思う事とかはある?

Y)やはり、もっと早く本気になった方が、安心して受験を迎えれると思いました。

ー本気になったきっかけは?

Y)残りの日をみて、ある日焦りました

ーそうならないと、なかなか本気になれないんだよ(笑)中学に行ってやりたい事は

Y)友達をいっぱいつくりたいです
母)6年の後半でクラスの友達関係にちょっと悩んでたりしたので。明るく、友達をいっぱい作って欲しいですね

そうですね。今日は本当にありがとうございました。